2006年10月22日

ゲド戦記<テルーの唄>朔太郎の詩と酷似、と告発される。

 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20061021-00000011-mai-soci

 告発者の詩作家の荒川さんは、監督が参考資料≠ニしたことを認めた上で、「原詩・萩原朔太郎」とするべきだと言っているようですが、そこまでしなくても、とは思いましたね。

 映画の公式HPにも、朔太郎の詩を参考にした≠ニ書き、「テルーの唄」の横に「こころ」の全文を掲載しているわけだし。

 http://www.ghibli.jp/ged/

 荒川さんの意見も一理はありますが、今更訂正する必要もない、というのが妥当な判断とされるでしょうね。
posted by line001 at 01:39| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | ジブリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/25914775

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。