2006年06月24日

6月18日深夜J-WAVE25「ゲド戦記と音楽」

 6月4日の記事にも書きましたが、6月18日深夜にJ-WAVE25で「THE SOUND OF STUDIO GHIBLI」のラジオ放送がありました。この間のイベントの模様も一部放送されていました。

 パーソナリティの山田吾郎さんと、鈴木敏夫プロデューサーと、手嶌葵さんによる、ゲド戦記と音楽∞映画と音楽≠ノついて語る一時間でした。

 7月12日発売の「ゲド戦記歌集」の中から、「竜」と「時の歌」が初公開されました。どちらもいい曲で、「竜」は、ゲド戦記の世界観を非常によく表している曲で、感動しましたね。でも、「時の歌」が「竜」にも増していい曲だったので、ラジオで一部だけ放送された「時の歌」の歌詞を載せてみました。ラジオといえどもやはり途中までしか聴かせてくれませんでした^^;

 一部だけなら歌詞を載せても問題はないでしょう。
 
 「時の歌」(一部) 作詞 新居昭乃/宮崎吾郎 
             作曲 新居昭乃/保刈久明
             歌 手嶌葵

 空の 孤独なタカよ
 風に 抗いながら
 そこにあるのは 光と闇
 一人だけの空

 空を 見上げて泣いた
 一人 生きてる君よ
 真実の名を 教えておくれ
 いつの日か 消えてしまう君よ

 光が闇に溶けるように
 心の中を通り過ぎる
 君の歌を 歌うよ

 空を 見上げて泣いた
 一人 生きてる君よ
 真実の名を 教えておくれ
 いつの日か 死んでしまう君よ

 光が闇に浮かぶように
 沈黙の中に通り過ぎる
 時の歌を 歌うよ

 
 ジブリのHPの日誌を読んでいると、もうほとんどの作業が終わったようで、祭りの後のような寂しげな雰囲気が漂っているようですね。特に監督の日誌からそんな感じが出てます^^;

 どんな作品になるのか楽しみるんるん

B000FNNNUQ.01._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpeg
スタジオジブリ・プロデュース 「ゲド戦記歌集」
posted by line001 at 23:43| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ジブリ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19795990

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。