2006年04月08日

ジブリ最新作「ゲド戦記」

4001106868.09._OU09_PE0_SCMZZZZZZZ_.jpeg

さいはての島へ―ゲド戦記 3

人々は
せわしなく動きまわっているが
目的は無く、
その目に映っているものは、
夢か、死か、
どこか別の世界だった。


というのは、映画の「ゲド戦記」のぴかぴか(新しい)予告編(クリックするとReal Player版があります)に出てくる言葉。

 今回は初の宮崎吾郎(宮崎駿の息子)監督作品ということで、色々言われているようですが、ジブリのブログに綴られている、監督の父との関係≠竍ゲド戦記に寄せる想い≠読んでいると、物事にこだわりを持つ職人肌気質が読み取れたので、私はとても期待しているのですがぴかぴか(新しい)

 鈴木Pがジブリが消える(年寄りばかりだから)≠ニいうようなことを言っていたので、吾郎監督が後継者になってくれたらいいと思いますね。


 映画「ゲド戦記」は、外伝も合わせて全6巻あるうちの、3部作の3巻目「さいはての島へ」を映画化するそうです。でも予告編見ると、4巻で初登場のはずの登場人物も出てくるようですが。少し混じるのだろうか。

 「さいはての島へ」は、ゲドの老年期を描いた巻で、世界から魔法が消え始めると同時に、人々が人身売買や麻薬に溺れていきます。そこでゲドは、成り行きのように着いて来ることになった王子アレンと共に、魔法が消えてゆく原因を突き止める旅に出る、という話です。

 第1巻の「影との戦い」も、私は映画化するのにはいい話だと思います。少し子供向けで、子供が観るのには理解しやすいのではないかと。「さいはての島へ」は大人向けな感じで。でも、どっちでも私は観ますが^^

 「もののけ姫」より後のジブリ作品は私はあんまり好きじゃないですね。そんな中久々に期待できそうな作品に公開が楽しみでするんるん

 もうすぐ予告編の第2弾が完成するそうです。
posted by line001 at 19:17| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16312450

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。